身近な犯罪から自分達の大切な住まいを守るためにどういった防犯対策をすれば良いのでしょうか。

住まいを守るために万全な防犯対策
住まいを守るために万全な防犯対策

住まいを守るために万全な防犯対策を

私達がいつ巻き込まれるか分からない犯罪の中に、空き巣や強盗があります。それらの犯罪から住まいを守るために防犯対策をする必要があるのですが、完全防備と呼べるほどの防犯対策をすることは難しく、またお金もかかってしまいます。出来ることならばあまりお金をかけたくない、という場合、どんな防犯対策があるのでしょうか。今でも言われることは、鍵がかかっていないために空き巣が入った、ということです。家を出る際には施錠することは当たり前になっていますが、トイレなどの小さな窓に鍵がかかっていなかったり、ゴミを捨てに行く少しの間なら、というちょっとした油断で施錠をしないということも少なくはありません。小さな窓でも人が頑張れば入れるサイズならば空き巣などは余裕で入って来ますし、わずかな時間でも空き巣はすぐに仕事を終えて逃げてしまいます。まずはこういった油断を減らすことから始めてみましょう。

施錠をしっかりするようになってもまだ防犯対策が完璧とは言えません。すぐに出来る防犯対策は、生活感を出すことです。空き巣は誰もいない、生活感がないと思われる家に入っていきます。なので洗濯物を干しっぱなしにしたりせず、また長期間出かける際はご近所に一声掛けて郵便物などが溜まらないようにしてもらいましょう。このように、ご近所に声を掛けて不審な人を見たらすぐに通報してもらえるような信頼関係を普段のコミュニケーションの中から築いておくことも住まいを守る第一歩と呼べるかもしれません。空き巣は自分の存在を知られることを当然嫌います。なので普段から足音が出るように庭に砂利をまいておいたり、インターフォンをカメラ付きにしたり、人を感知したら電気が点いたり音が鳴るセンサーを設置することも有効です。警備会社や猛犬注意のステッカーなども嫌うようなので、そういった小道具に頼ることも有効のようです。

住まいを守る防犯対策は自分達だけではなく、自治体や企業も取り組んでいます。自治体によっては防犯対策に対して助成金を出しているところもあるので、自分が暮らしている自治体はどういった対応をしてくれるだろうか、ということも調べておくとお金が無くて出来なかった対策も出来るようになるかもしれません。また企業が住まいを守るためにどういった防犯対策をすれば良いかを教えてくれるセミナーを開催したりしているので、自分だけでは分からないという場合はそういったセミナーに参加することも大切なのではないでしょうか。

オススメサイト